danger危険なキャバクラの見分け方
危険なキャバクラの見分け方 , ,

【長く働ける京都のキャバクラ探し】こんな店は危険!?NG店の特徴はコレだ!

こんばんは、マサです。
京都には様々なキャバクラのお店がありますから、どこで働くのか決めるのも一苦労です。
選べるのなら、やっぱり長く働ける良いお店で働きたいですよね。
中にはキャストの事を商品としか思っていないような劣悪なお店が存在するのも事実ですから、もしそういう所に当たってしまうと、身体や心を壊してしまう可能性もあります。そういうリスクを少しでも回避するためにも、キャストの事を大事に扱ってくれるお店を慎重に選びたいものです。
ですが、選ぶと言ってもどこから判断して良いのかわからないと思います。
求人情報には都合の良い事しか書かれていないので、そこから良し悪しを判断することも難しいですね。
では一体どうやって判断すればいいの・・・?
そこで今回は「危ないお店の見分け方」について書いていきたいと思います。

経営不振の可能性『店舗のサイトが無い・更新していない』

まずはお店のホームページがしっかりしているのかどうかチェックしましょう。
というのも、ホームページの更新がない、もしくはホームページ自体がないという場合には経営不振に陥っている可能性があるのです。
なぜか?
ホームページの維持管理には当然お金がかかります。
更新されないという事は、キャスト等の人件費で手一杯でそこまで余裕がないという事なんですね。

資金に余裕がないので、賃金の未払いや厳しい罰金ルールが存在することもしばしば・・・
キャバクラは稼ぎまくっているように見えますが、高額な人件費をまかないきれずに沢山のお店が潰れていく厳しい世界でもあるという事は頭にいれておきましょう。

話を戻しますが、ホームページがしっかり更新されているかは、サイトに載ってるキャストさんのブログ情報や、イベント情報を確認するのが良いですね。
しっかりしているお店ならイベント情報の更新は欠かさないですし、キャストさんのブログも頻繁に投稿されていますよ。

入店したらトラブル頻発『電話対応が適当』

これはわかりやすい事例ですね。
いきなり体験入店する前に、電話で詳細を聞いてみるのも一つの手です。
キャストさんへの待遇が悪いお店は、やはり電話対応もイマイチな傾向が強いですね。
しっかりしているお店は、電話対応から手を抜きません。

法律違反しているかも『身分証明書の提示がない』

普通はいざ働くとなった際に、契約のための書類を渡されると同時に身分証明書の提示を求められます。
ですが、身分証の提示がないお店も中にはあります。
基本的に身分証提示が必要ないお店には注意しましょう。

なぜかというと、風営法でこういった夜のお店には18歳以下の女の子を雇ってはいけない法律があるので、身分証の提示を求めないお店には18歳以下の未成年を働かせている可能性があるからです。
バレばもちろん経営者は捕まりますし、お店もなくなりますね。

逮捕されるリスク!『路上での客引き』

路上での客引きも風営法で禁止されているので注意が必要です。
似たような行為に呼び込みがありますがこちらは違法にはなりません。
どのような違いがあるかというと

  • 客引き・・・「そこのおにーさん(おねーさん)暇ならうちの店に来てよー」と特定の相手に対してしつこくつきまとうような行為
  • 呼び込み・・・「へい、いらっしゃーい」と不特定多数に対して声をかける行為

このような違いがあるので覚えておきましょう。
客引きに当たる行為の場合は最悪の場合逮捕されるリスクもあるので、客引きをさせられそうになったらサッとそのお店からは身を引いた方が良いでしょう。

まとめ
安定して働けないリスクのあるお店の特徴は、しっかり観察すれば外からでもある程度わかるものです。
是非参考にしてみてください。
Category : 危険なキャバクラの見分け方

コメントを残す





eighteen + fourteen =

この記事もおすすめ

ブログ一覧へ戻る