エステ・ネイル・ヘアサロン・リラクゼーション・グルメ レストラン・スクール・など京都のクーポン情報満載!

京都のエステ・ネイル・リラクゼーション、美容室・ヘアサロン、グルメ、ランチ、スクール、ショッピング、イベント情報など、フリーペーパー情報誌「パトラ」がお送りする京都の総合情報サイト。お得なクーポンも満載です。

PATOLAでは、乳がんの早期発見・診断・治療の重要性を伝えるピンクリボン活動を応援しています。
私のワークライフ
齋田 頼子さん

「先代社長である父と数々の和菓子を創ってきた職人さんの息子さんが、現社長である私の兄と、一緒に創作した新商品の琥珀菓子です。親から子へ繋がっていくご縁は、幸せなことと思います。」『琥珀 紅玉』12個入  819円
「先代社長である父と数々の和菓子を創ってきた職人さんの息子さんが、現社長である私の兄と、一緒に創作した新商品の琥珀菓子です。親から子へ繋がっていくご縁は、幸せなことと思います。」『琥珀 紅玉』12個入 819円
三代続く京都の佃煮・和菓子屋京の情緒に培われた感性と真心をこめて

株式会社 永楽屋
取締役 部長
齋田 頼子
さん


時に「不器用」とさえ感じられるものづくりに対する「誠実な姿勢」が誇りです。

永楽屋は、齋田さんの曽祖父である齋田永三郎氏が戦後まもなく創業、京佃煮・京菓子を扱う老舗だ。齋田さんの前職は行政書士。当時も仕事は順調で「これから!」という面もあった為、転職に葛藤が無かったと言えば嘘になる。だが今の自分の基盤となるものは両方の仕事に共通していると感じ、家業に入る事を決意。「その共通点とは思いやりの心。両親が常に言葉と行いで示してくれたものです」お客様の、大切な方々への祝う心・感謝の心・偲ぶ心。これらの心をこだわりの品々と共に包む事が、永楽屋の精神だ。「永楽屋の品々は華美ではありません。しかしそこに一服の水墨画の様な荘厳さを感じてもらえたらと思います」本物のものづくりを目指す姿勢は創業以来変わらない。辛い時も「逃げずに向き合って、自分から幸運を訪ねていけたら」と微笑むその目は、しっかり先を見据えている。「河原町四条の本店で、毎月お客様へのおもてなしイベントをしており、1月は七草粥をふるまいました。食に携わる者として、これからもイベントを通して日本の食文化の継承・食育の推進に少しでも寄与できれば嬉しいです」と意欲を語ってくれた。






「ココ」と「コレ」!
水口乗馬クラブ水口乗馬クラブ
「馬の鼻が可愛い!乗馬は癒しや運動にもなるし、物言わぬ馬との交流が、仕事や日常にも活かされるように思います」 また、ゴルフや茶道もたしなむアクティブな日々だ。
ふろしきバッグふろしきバッグ
「宮井株式会社様の『ふろしき』です。新しいデザインも多く、日本の伝統を受け継ぎながら色々なアレンジができ、エコにも繋がる優れもの!」