エステ・ネイル・ヘアサロン・リラクゼーション・グルメ レストラン・スクール・など京都のクーポン情報満載!

京都のエステ・ネイル・リラクゼーション、美容室・ヘアサロン、グルメ、ランチ、スクール、ショッピング、イベント情報など、フリーペーパー情報誌「パトラ」がお送りする京都の総合情報サイト。お得なクーポンも満載です。

PATOLAでは、乳がんの早期発見・診断・治療の重要性を伝えるピンクリボン活動を応援しています。
WORKでワタシらしくサクセス
安倍 侑希さん

5代目家元であるお父様の補佐をしながら、お弟子さんたちの指導にあたる。年に一度の全国コンクールに向けて猛特訓中!
5代目家元であるお父様の補佐をしながら、お弟子さんたちの指導にあたる。年に一度の全国コンクールに向けて猛特訓中!

話しているうちに家元と代範の顔になったり、父と娘の顔になったりするお二人。所作だけでなく話し方も京都らしく上品。
話しているうちに家元と代範の顔になったり、父と娘の顔になったりするお二人。所作だけでなく話し方も京都らしく上品。
伝統を担う若き家元代範たゆまぬ稽古で神心流を支え続ける

神心流尚道館総本部
扇舞家元代範
安倍 侑希
さん


詩吟や剣舞、扇舞の家元の御家に生まれた安倍さん。「小さな頃から祖母が稽古場に連れて行ってくれたので、稽古場に行くのが普通な事になっていました」舞を嫌だと思ったことは全くなく、大学卒業後も自然にこの道に進もうと思ったそう。また扇舞だけでなく、日舞も師範名執をいただくほどの腕前。高い向上心と努力の賜物だ。ただ、扇舞は武士発祥の舞なので、女性的な動きの日舞とは異なる部分も。第5代家元であるお父様に「使い分けが出来ていない」と釘を刺される事もあるとか。今は技術も年齢も上の先生と同じ舞台に立つ機会が多く、緊張しながら勉強の毎日。将来は家元を継がれる弟さんのサポートをしながら、これからを担う若い年齢層のお弟子さんたちに、舞の楽しさが伝わるお稽古をしていきたいと意欲的だ。舞に込められた情景や想いがずっと続いていくようにと、安倍さんは今日も一生懸命に舞う。




3つの「ココ」と「コレ」!
扇本番の舞台アルバム
本番の舞台アルバム
「代範になったときに初めて作ってもらった自分だけの練習用の扇なので、思い出深い扇です」 「東京の日本武道館に出演した際の写真です」「仕事で地方によく行くので、写真を撮ってアルバムに残しています。小さいアルバムはプライベート写真用。愛犬や家族の写真など、離れていて寂しいときに眺めています!」